カテゴリー: 橋梁特定更新(大規模更新・修繕)

松原線喜連瓜破①

松原線喜連瓜破 橋梁大規模更新
阪神高速 来年に工事着手
施工法など検討会で議論

 阪神高速道路は14号松原線喜連瓜破付近の橋梁大規模更新(架替え工事)に着手する。「阪神高速14号松原線大規模更新工事(喜連瓜破付近橋梁架替え工事)実施検討会」を開催し、施工方法・交通規制手法の比較検討及び交通マネジメン…

床版取替工事における床版切断システム水平カッター

床版取替工事における床版切断システム
「水平カッター」開発・導入 三井住友建設
鋼・RC合成桁橋 床版撤去作業を効率的で安全に

 三井住友建設は、大規模インフラ更新事業における鋼・RC合成桁橋の床版取替工事で、既存のRC床版の鋼桁との接合部(スタッド/ずれ止め)の床版切断システム「水平カッター」を開発・実証実験を行い、中国自動車道蓼野第四橋の床版…

中国道大規模更新 豊中高架橋

中国自動車道吹田JCT~宝塚IC大規模更新・修繕
年度末に上り線完了で進捗率21%~51%

 NEXCO西日本は中国自動車道吹田JCT~宝塚IC上り線のリニューアル工事の来年1~4月の交通規制の日程を11月24日に公表した。今回の工事で吹田JCT~中国池田IC間上り線におけるリニューアル工事は完了する。来年5月…

超高耐久床版の概要図

超高耐久床版(Dura-Slab®)を採用した床版取替工事完了
腐食劣化と決別した非鉄製床版を実用化 中国道 蓼野第二橋下り線で

 NEXCO西日本と三井住友建設は、鉄筋やPC鋼材に替わり、腐食しない新材料を緊張材として用いた超高耐久床版「Dura-Slab」を高速道路橋として初めて採用した中国自動車道「蓼野第二橋(たでのだいにきょう)下り線」の床…

2 0 2 1 年度第2 四半期(7 ~9 月) の契約状況から、 特定更新関連などの大規模床版取替えや桁関連の案件を抜粋

2021年度第2四半期(7~9月)
特定更新など契約 NEXCO中日本最多

 2021年度第2四半期(7~9月)の契約状況から、特定更新関連などの大規模床版取替えや桁関連の案件を抜粋すると、高速道路の特定更新関連は20件、自治体は12件。 高速道路の特定更新は設計が9件、補修が11件。発注機関別…

実物大試験体を用いた切断試験状況

通行止め期間の短縮を目指す床版切断工法
「切り方じょうず」開発 床版取替期間50%低減

 テクノスと誠和ダイアは、通行止め期間の短縮を目指す橋梁床版切断工法「切り方じょうず」を開発、10月7日に公表した。特許は出願中。 切り方じょうずは、道路を供用しながら主桁から床版を切り離す工法。乾式高精度ワイヤーソーに…

NEXCO長野工事事務所の設置
リニューアル工事・橋梁耐震補強工事など推進

 NEXCO東日本関東支社は、上信越自動車道および長野自動車道におけるリニューアル工事・橋梁耐震補強工事などの推進を目的として、長野工事事務所を10月1日に設置する。 担当業務は、上信越自動車道と長野自動車道のリニューア…

阪神高速①

阪神高速 1号環状線リニューアル工事
高性能床版防水やジョイント取り替えなど

 阪神高速道路は11月に実施する「1号環状線リニューアル工事2021北行」の日程などの詳細が決まったと8月30日に公表した。 橋梁関係の工事は▽コンクリート床版の高性能床版防水、▽走行性の向上・沿道環境改善のための伸縮継…

各高速道路会社の更新計画(R2.4現在)

高速道路 大規模更新・修繕繰り返し必要
社整審 省令点検などで得た知見踏まえ提示
事業費 2020年3月協定時点で1兆1582億円増

 国土交通省は、高速道路の更新事業の適切な実施に向け、大規模更新・修繕事業を繰り返し実施する必要があるとする新たな視点案をまとめた。構造物は修繕を繰り返すにつれ性能回復が小さくなり、修繕の間隔も短くなるといった、5年に一…

福岡高速の老朽化対策

福岡高速 2031年度までの橋梁老朽化対策進捗
北九州高速 橋梁の大規模修繕へ協議中

 福岡北九州高速道路公社は7月5日に令和3年度運営会議を開き、課題と取り組みなどを報告・確認した。 橋梁についてみると、福岡高速では、路線延長の約3割が供用から30年以上経過したことや、交通量の増加に伴い老朽化が進んでい…