カテゴリー: 橋梁技術

橋梁伸縮装置止水部の補修に関する技術」
要求性能(案)に対する意見を募集
技術比較表作成に向けて

 国土交通省は、公共事業等における新技術活用システムの活用方式「テーマ設定型(技術公募)」の実施に向けて、「橋梁伸縮装置止水部の補修に関する技術」の要求性能に対する意見を、2022年1月12日まで募集する。 個々の技術の…

インフラメンテ国民会議近畿 ピッチイベント開く
自治体ニーズに民間が技術提案
橋梁関連は「橋梁塗装に係る技術」

 インフラメンテナンス国民会議の近畿本部フォーラムは12月17日に第7回ピッチイベントを開いた。ピッチイベントとは、施設管理者などが抱えるインフラの維持管理の課題(ニーズ)に対し、 民間事業者などが保有する技術(シーズ)…

松原線喜連瓜破①

松原線喜連瓜破 橋梁大規模更新
阪神高速 来年に工事着手
施工法など検討会で議論

 阪神高速道路は14号松原線喜連瓜破付近の橋梁大規模更新(架替え工事)に着手する。「阪神高速14号松原線大規模更新工事(喜連瓜破付近橋梁架替え工事)実施検討会」を開催し、施工方法・交通規制手法の比較検討及び交通マネジメン…

点検支援技術募集①

国土交通省 橋梁、トンネルの点検支援技術募集
点検支援技術性能カタログを充実

 国土交通省は橋梁、トンネルの点検支援技術を1月13日まで公募中だ。点検支援技術性能カタログの充実を図り、新技術の活用を促進する一環。 国交省は定期点検への新技術の積極的な活用を図るため、点検に活用可能な技術について、そ…

小鳴門大橋

徳島県 小鳴門大橋と小鳴門新橋を補修へ

 徳島県は、鳴門市にある鳴門公園線の斜張橋・小鳴門大橋と、亀浦港櫛木線のアーチ橋・小鳴門新橋の補修工事を2022年度以降に開始する。一般競争入札(総合評価落札方式)した設計業務2件をいずれも四国建設コンサルタントが落札、…

福北公社

福北公社 狭隘部のさび片対策の技術募集
2022年3月30日まで募集延長

 福岡北九州高速道路は狭隘部のさび片対策の技術募集期限を2022年3月30日まで延長する。 狭隘部のさび片対策として、手の入らない狭隘部から腐食したさび片が落下するのを防ぐ簡易な手法や狭隘部の腐食進行を止める技法等を求め…

床版取替工事における床版切断システム水平カッター

床版取替工事における床版切断システム
「水平カッター」開発・導入 三井住友建設
鋼・RC合成桁橋 床版撤去作業を効率的で安全に

 三井住友建設は、大規模インフラ更新事業における鋼・RC合成桁橋の床版取替工事で、既存のRC床版の鋼桁との接合部(スタッド/ずれ止め)の床版切断システム「水平カッター」を開発・実証実験を行い、中国自動車道蓼野第四橋の床版…

衝撃荷重載荷試験機・SIVE

金沢大・大日本コンサル 床版たわみ計測技術
国交省「点検支援技術性能カタログ」に掲載
床版の補修・補強タイミング適正化サポート

 金沢大学と大日本コンサルタントが道路橋床版の耐荷性能診断のために共同開発した計測システム「衝撃荷重載荷試験機・SIVEによる床版たわみ計測開発技術」が国土交通省の「点検支援性能カタログ」に登録された。 道路橋床版は通行…

クールレーザー

「CoolLaser G-19」を開発
100µmのサビや300µm超える塗膜を除去
トヨコー 鉄橋や鉄柱、プラントなど屋外工事で

 トヨコーは高出力レーザーでサビや塗膜などの付着物を除去する装置「CoolLaser(クーレーザー)」の実用化モデル「CoolLaser G-19」を開発した。これまでレーザーでは厚みのある対象物の除去は困難とされてきた…

技術研究開発助成で新規12件採択 国交省
i-Conと脱炭素推進 橋梁関連は9技術

 国土交通省は2021年度の建設技術研究開発助成制度で、建設現場の生産性向上策i-Constructionの推進やカーボンニュートラルの実現に貢献する技術開発12件を新規課題に採択した。継続課題5件の採択も決めた。 この…