NEXCO東日本 中期経営計画
先端技術活用や耐震、道路網整備、4車化など

 NEXCO東日本は4月28日、2021年度~25年度までの5カ年を対象とした中期経営計画を公表した。
 先端技術については、点検作業の効率化や、生産性・マネジメント向上のため、点検支援技術やAIによる変状の自動検出、点検調書の自動作成などの活用を促進することを示した。非接触・リモート型の働き方への転換として、ウエアラブルカメラを活用した現場臨場や、社外とのオープンイノベーションでの技術活用にも取り組む。
 耐震補強‥紙面へ