リニア工事費 従来より1・5兆円増
山梨実験線区間明かり部 地震対策6千億円増

 JR東海は4月27日、リニア中央新幹線の工事費が、これまでの計画より約1・5兆円増えて、約7兆円になる見通しだと発表した。
 工事費が増えた主な要因と内訳は、難工事への対応が5000億円増、地震対策の充実が6000億円増、発生土の活用先確保などが3000億円増。
 特に橋梁関連は‥紙面へ