東京都 橋梁予防保全計画を更新
長寿命化や修繕 今後3カ年で705億円規模

東京都概算事業費
東京都概算事業費

 東京都は3月30日、橋梁予防保全計画を更新した。
 都が道路法に基づき管理している管理橋梁は1221橋で、多くは高度経済成長期に集中して建設されたため、供用年数が50年を超える高齢化橋梁の割合は2020年時点では43%だが、10年後には半数を超え、20年後には8割近くが高齢化橋梁となる。
 橋種は鋼橋が41%・496橋、PCが25%・310橋、RC橋が11%・140橋、残り23%・275橋はその他。
 緊急措置段階となる判定区分Ⅳの橋梁はなく、早期措置段階である判定区分Ⅲの橋梁は7%、予防保全段階である判定区分Ⅱの橋梁は52%で、全道路管理者における割合とほぼ同じ状況となっている。
 損傷や劣化の要因は主に4つで、▽大型車両の繰り返し載荷、地震、水圧、風、車両の衝突などの外力によるもの、▽コンクリート部材の中性化・塩害・アルカリシリカ反応などによるもの、▽雨水・海水などによるよるもの、▽支持地盤や周辺地盤の沈下、移動、洗掘などによるもの。
 今般更新した計画では、‥紙面へ

東京都が2021-2023年度に対策を講じる重要橋梁19橋
東京都が2021-2023年度に対策を講じる重要橋梁19橋
東京都補修対策事例
東京都補修対策事例
東京都長寿命化対策事例
東京都長寿命化対策事例