中国自動車道 東城IC~庄原IC間
カルバートボックスコンクリート片が落下

 NEXCO西日本は4月13日、中国自動車道の東城IC~庄原IC間でカルバートボックスコンクリート片の落下があったと公表した。
 落下は13日の午後12時10分ごろで、近隣住民からの通報で分かった。第三者被害はなかった。
 状況は高速道路下のカルバートボックスのコンクリート片が交差する道路に落下したもので、規模は幅3・7m×長さ3・6m。コンクリート片の落下が確認された個所の緊急点検をした。また、周辺個所の緊急点検、補修をするため、当面の間交差道路の通行止めし、安全を確認したのちに通行止めを解除する予定。
 落下‥紙面へ

中国自動車道コンクリ片落下
中国自動車道コンクリ片落下