クローズアップ・特殊橋梁

2020・19年度発注の特殊橋梁のう ち、工期が3月以降の工事と、工事未発注業務、点検業務
2020・19年度発注の特殊橋梁のうち、工期が3月以降の工事と、工事未発注業務、点検業務


■19・20年度 発注107件以上/補修案件多く 高速道路大規模更新など/新設は 新丸山ダム関連や富山市など

 2020・2019年度に発注があった特殊橋梁(アーチ橋、トラス橋、斜張橋、吊橋)案件は少なくとも107件あり、そのうち工期が2021年3月以降の工事と、設計後に工事が発注されてない業務、点検業務は85件ある。
 85件のうち設計は47件、工事は38件、大規模工事もある。
 アーチ橋とトラス橋を共に含む案件は3件で、いずれも補修設計。このうち関東地方整備局の関東道路メンテナンスセンターでは、管内の各事務所が管理している橋梁で、▽塩害、疲労などの特定の損傷、アーチ橋、トラス橋などの特殊形式の橋梁およびゲルバー部などの特殊部位の補修設計と、▽歩道橋のリニューアルに着目した補修方策の検討(受注は復建技術コンサルタント)として、今後の面的な対策に備えた発注とみられる。
 アーチ橋では‥紙面へ