IHIインフラシステム
印高速鉄道向け特殊橋梁の製作・輸送受注
鋼下路トラス橋28橋

インド高速鉄道
インド高速鉄道

 IHIインフラシステムは、インドの最大手ゼネコン・ラーセン&トゥブロ(L&T)と共同で、ムンバイ~アーメダバード間の高速鉄道向け特殊橋梁建設工事を受注した。約508キロの区間内の跨線・跨道個所に建設される鋼下路トラス橋28橋の製作・輸送を担当する。日本の新幹線と同水準の品質が求められ、難易度の高い製作工事になるという。
 工事名は「ムンバイ・アーメダバード間高速鉄道建設事業(MAHSR)」で、発注はインド国家高速鉄道公社。施工場所はマハラシュトラ州とグジャラート州。工期は36カ月。
 同プロジェクトは、円借款による政府開発援助(ODA)案件。
 IISは同国において‥紙面へ