自動点検・補修技術開発コンソーシアム設置
本四高速 会員募集を開
2030年に塗替自動化ロボット実用化目指す

本四高速自動点検・補修技術開発コンソーシアム
本四高速自動点検・補修技術開発コンソーシアム

 本四高速は、産官学連携で次世代長大橋管理技術の開発を目指す「自動点検・補修技術開発コンソーシアム」を設置、参加を希望する企業や団体の募集を1月27日に開始した。長大橋維持管理コストの約50%を塗替塗装費が占めており負担が大きいことなどを背景に、2030年に全面塗装塗り替えを自動的に行うロボットの実用化を目指す。
 自動点検・補修技術開発コンソーシアムは、技術分野に応じて塗装技術、人工知能(AI)、ロボット、センシング技術、ICT・IoTの五つのワーキンググループ(WG)を設置。本四高速が提供する長大橋維持管理の現場ニーズと、会員がシーズとして持ち込む技術をマッチングを進め、WGを通じて有望技術を選定し、実橋で選定技術を実証や改良を重ね実用化につなげる。技術は個別の点検業務において採用することも想定しており、全ての技術を自動点検・ 補修ロボッ トに統合するわけではない。
 会員のメリットとしてはコンソーシアムを通して現場ニーズの知見が得られる。有望技術に選定されれば、試験施工や実証試験の企画・立案・実施が可能になる。実現性の高い技術は本四高速会社が維持管理技術として採用し、適用実績としてPRできる。
 応募は‥紙面へ