東芝 点検情報管理AIを開発
写真1枚で撮影場所と劣化箇所の大きさ認識
GPS届かないプラントに対応

東芝 点検情報管理AI
東芝 点検情報管理AI

 東芝は、AIを活用して1枚の写真から発電プラント設備のひび割れなど劣化個所の大きさを認識する「点検情報管理AI」を開発した。
 GPSが届かない発電プラント施設での巡視・保守点検作業では、点検作業員がひび割れなどの被写体を撮影し、手作業で撮影場所や計測した被写体の大きさを記録している。撮影した写真を図面と照合する必要があり、点検作業の大きな負担になっていることが開発の背景にある。
 橋梁でも桁下にGPSが届かないことで、ドローンでの画像撮影や、画像と位置の紐づけなどが課題とされている。
 今回開発点検情報管理AIは、点検員やロボット、ドローンなどが撮影した写真をサーバーにアップロードするだけで、撮影場所やひび割れなどの大きさを自動的に認識。データが一括管理できるもの。画像から撮影位置を特定する「位置認識AI」と、大きさを認識する「立体認識AI」を組み合わせたことで、GPSの電波が届かない発電プラント施設内などで、巡視・保守点検作業の効率化に貢献する。作業の自動化を支援し遠隔での情報共有を後押しする。
 今後、東芝エネルギーシステムズのエネルギーシステム向けIoTプラットフォームを使って公開し、2022年度の実用化を目指す。ひび割れやさびなどの「異常検知AI」や「メーター読み取りAI」、蓄積したデータを使った「経年変化検知・予測AI」を追加し、点検情報管理AIの用途をさらに拡大する考えだ。橋梁点検などのGPSの届きにくい場所への展開も‥紙面へ