NEXCO中日本 橋梁塗装作業で塗料飛散 足場の隙間から直下の県道へ

NEXCO中日本 塗料飛散

 NEXCO中日本の名古屋支社は、10月23日11時頃、東海北陸自動車道(東海北陸道)一宮稲沢北インターチェンジ橋梁の建設工事(愛知県より受託)現場において、塗料を足場内に飛散させ、足場の養生シートの隙間から、県道14号岐阜稲沢線に塗料が垂れ落ちる事象を発生させた。
建設中の橋梁の塗装作業に使う塗料が工事足場内から飛散したことにより、当該橋梁下の県道14号岐阜稲沢線を走行していた車両に付着‥紙面へ