建設現場の生産性を向上する革新的技術を選定 国交省 22技術を地整などで試行へ

建設現場の生産性を向上する革新的技術を選定

 国土交通省は「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」について、今年度現場で試行する技術として22件を選定した。
今夏に公募していたもので、今後、選定された技術については、各地方整備局などと委託契約を締結し、現場で試行を行う。なお、試行する技術の概要については別途ホームページに掲載致する予定だ。
選定した技術22件は2つのテーマでそれぞれ11件ずつ。
「AI、IoTを始めとした新技術等を活用して土木又は建築工事における施工の労働生産性の向上を図る技術」では応募21件のうちの11件を選定した。
「データを活用して土木工事における品質管理の高度化等を図る技術」については応募15件のうち11技術を選定した。
橋梁技術も複数含まれて‥紙面へ