川田工業ら 建設現場用アバターシステム開発へ/建設現場のテレワーク化めざす

川田アバターイメージ

 川田工業と芝浦工業大学、川田テクノロジーズの3者は、建設現場でのテレワーク化の実現に向け、建設現場用「アバターシステム」の共同開発を始めた。
アバターシステムは、 遠隔操作者が事務所にいながらにして建設現場の品質・出来形管理や協働作業を行えるもの。
川田グループは、AI、IoT、RTなどの先端技術を、主力の橋梁事業分野に展開して労働生産性の向上を図るとともに、 アバターが建設現場で取得したデータのクラウド化を促進し、受発注者間での監督・検査業務などの合理化を目指す。
アバターシステムは、カワダロボティクスが製造販売する人間協調型産業用ヒューマノイド・ロボット「NEXTAGE」を改良開発した移動型作業ロボット、遠隔操作端末、ロボットが扱う計測器などを高速通信で連結したシステムで、操作者、現場作業者、店社作業者、発注者らが双方向に情報を共有して、種々の品質・出来形データの取得や、現地作業者との協働作業などを可能にする仕組み。
現在、橋梁の建設現場では、施工管理の一環として多岐にわたる品質・出来形管理業務が行われているが、現場主義を重んじる建設業では、人手による実測(試験・検査・計測のほか、工事写真撮影も含む) が主体となっている。
代表的な実測業務としては、橋桁の出来形計測、高力ボルト締付確認、塗膜厚検査などがあり、さらに現場溶接部の非破壊検査や床版コンクリートの配筋検査、ひび割れ検査など、検査項目も多岐にわたる 。
これらの業務は、現場作業者が直接行ったり、随行したりしており、多くの時間が費やされている。
そこで今般は、橋梁工事の現場にAI、IoT、RTなどの先端技術を導入し‥紙面へ