山鳥坂ダム 付替道路0・8km(13%)進捗 上鹿野川第一橋梁、新入船橋など

山鳥坂ダム付け替え

 国土交通省四国地方整備局山鳥坂ダム工事事務所は8月28日、事業費等監理委員会開き、山鳥坂ダム建設事業の適切な事業執行と総合的なコスト縮減策などについて専門家ら第三者からの意見・助言を聞いた。
その結果、山鳥坂ダム建設事業が▽現時点の事業進捗と事業監理の観点からは妥当▽自然由来の重金属などの取扱について、引き続き、愛媛県環境部局と協議し必要な調査を実施し、適切な処理に努めること、などの意見が出た。
県道小田川辺大洲線の付替道路は、全6・2kmのうち、0・8km(13%)が進捗。急峻な地形・脆弱な地質で設計・施工面において非常に厳しい現場状況であることに加え、平成30年7月豪雨などの影響により、付替県道工事に遅れがでてている。
工事の中止などに伴う工程への影響があるため、工期短縮などについての検討や、生活再建に向けた対応として県道小田河辺大洲線の付替道路整備を推進しているところ。
特に、上鹿野川地区では愛媛県施工の鹿野川トンネルも計画的に整備されており、一次切替区間を供用するため、上鹿野川第一橋梁などの整備を進めているところだ。また、新入船橋の施工に‥紙面へ

山鳥坂ダム新入船橋工事用道路
山鳥坂ダム菟野尾地区付替県道 着手後(令和2年5月)
山鳥坂ダム上鹿野川第1橋 施工中(令和2年5月)
山鳥坂ダム付け替え県道