橋梁合成床版の配筋検査 AIなどで自動で/ 世界初 JFEエンジとACES開発/ 国交省の革新的技術プロで

自動配筋検査AIシステム

 JFEエンジニアリングとACES(東京都文京区、田村浩一郎社長)は、橋梁工事向け合成床版の配筋検査における自動化システムを共同開発した。両社によれば、この自動配筋検査AIシステムは世界初で、橋梁工事における立会検査の省人・省力化に貢献するという。
橋梁の施工現場での配筋検査は、メジャーによる手計測での検査が一般的で、多くの時間と人員がかかっている。この課題を解決するため、両社はドローンによる写真撮影と画像認識AIを活用して配筋検査を自動化する、世界初のシステムを開発したという。
今回開発したシステムは、ドローンで施工範囲全体を撮影し、AIを活用した画像解析により鉄筋を認識することで、鉄筋の配置検査をする仕組み。
このシステムを採用することで、最大75%もの省力化が期待できることを確認したという。また、従来の一部個所の抜き取り検査に対して、橋長全体の検査・記録が可能となり、検査の確実性と信頼性の向上も期待できるとしている。
このシステムは国土交通省が2019年4月に公募した「建設現場の生産性を飛躍的に高める革新的技術の導入・活用プロジェクト」で、鋼橋メーカーが提案した技術として唯一採用され、導入効果と実用性の高さで最高評価を獲得している。今年度も引き続き同プロジェクトに選定されており、適応範囲の拡大に向け、開発を進めている‥紙面へ