168号五條新宮道路(風屋川津・宇宮原工区)が起工式 近畿地整奈良国道 9月21日に

五條新宮道路(風屋川津・宇宮原工区)

 国土交通省近畿地方整備局奈良国道事務所は一般国道168号五條新宮道路(風屋川津・宇宮原工区)の起工式を9月21日に開く予定だ。
五條新宮道路は、和歌山県新宮市と奈良県五條市を結ぶ延長約130kmの地域高規格道路で、紀伊半島内陸部を南北に縦貫する幹線道路。風屋川津(奈良県吉野郡十津川村野尻~同村川津、5・7km)・宇宮原工区(同村上野地~同村宇宮原、1・2km)は、地形条件が厳しく整備に高度な技術を要する区間であることから国交省の権限代行事業として整備を進めている。
特に風屋川津工区は、20年度に新規事業化した区間で、橋梁延長900m(310m、280m、250m、50m)。総橋梁費は150億4300万円を予定‥紙面へ

⑬十津川道路