NEXCO中日本 「施工省力化技術導入総合評価方式」導入/大規模更新の床版取替工事に適用/初弾で3件公告

 NEXCO中日本は6月以降に公告する高速道路リニューアル工事(詳細設計を含む床版取替工事)で、新たな入札契約方式の「施工省力化技術導入総合評価方式」を試行導入する。競争入札参加者が保有する新技術・新工法を一般競争入札総合評価方式の技術評価点で評価するもので、新方式導入により、施工省力化に寄与する技術開発や工事現場のイノベーションが促進され、生産性向上に繋がるとを期待している。建設会社だけでなく、建設コンサルタントと建設会社で構成するJVも入札に参加できる。今のところ3件の工事で実施する。
施工省力化技術導入総合評価方式とは、これまでより幅広い競争入札参加者から自社が保有する施工省力化に資する技術提案を積極的に求め、入札価格と技術提案の総合評価により契約の相手方を決定する方式。
技術提案は、工事目的物に対する施工方法の省力化や簡略化に寄与する新技術・新工法、工事の品質管理および出来形管理に関するi-Constructionの導入などを優先的に求め、i-Constructionを一層推進することで、工事現場における受注者と発注者双方の生産性向上を図る。
今回試行導入する施工省力化技術導入総合評価方式は、基本契約の下で複数の個別工事契約を紐付けて発注する「基本契約工事」と、基本契約によらず一つの工事契約だけで完結する「単独契約工事」に応じて、2種類に分類する。
施工省力化技術導入総合評価方式で求める技術提案は、「施工技術競争型および技術提案評価型」共通で、①床版取替工における、施工の省力化や簡略化につながる新技術・新工法の採用②品質管理に関するi-Construction(省力化や省人化、ICT、IoT、AI)の導入③出来形管理に関するi-Construction(省力化や省人化、ICT、IoT、AI)の導入。「施工技術競争型」のみではこれに加え、④基本契約に基づき締結する個別契約で得られた技術的知見やノウハウ・課題などを後続の個別契約に伝承・反映するための体制および方策。
例示として①にはプレキャストPC床版の新しい継手など、②と③にはVR、WEBカメラを活用した検査の省力化などをあげている。
「施工省力化技術導入総合評価方式」および「設計工事共同企業体」の試行対象工事は、高速道路リニューアルプロジェクトの「詳細設計を含む床版取替工事」のうち、6月以降に公告する以下の工事で、初弾は次の通り。
〈単独契約工事〉
▽北陸自動車道(特定更新等)小一条高架橋(下り線)床版取替工事
〈基本契約工事〉
▽小田原厚木道路(特定更新等)狩川橋他2橋床版取替工事
▽中央自動車道(特定更新等)日之城橋他1橋床版取替工事。
今般の新方式創設により、同社の一般競争入札(総合評価方式)は▽施工技術競争型総合評価方式▽総合評価方式(技術提案評価型)▽総合評価方式(簡易型)▽施工省力化技術導入総合評価方式施工技術競争型▽同技術提案評価型の五つ‥紙面へ