国交省 データ連携基盤始動/ 国土情報22万件が表示・検索・ダウンロード可能に /橋梁の緒言や点検結果などは8万件

 国土交通省は、国土や経済活動などに関する官民のデータ連携基盤となる「国土交通データプラットフォーム1・0」の一般公開を4月24日に始めた。国や地方自治体の保有する橋梁やトンネル、ダムや水門などの社会インフラの諸元や点検結果に関するデータ約8万件と、全国のボーリング結果などの地盤データ約14万件の計22 万件を同一地図上で表示・検索・ダウンロードできる。
国交省は2019年5月に「国土交通データプラットフォーム整備計画」を策定し、プラットフォームの構築を進めてきた。さまざまなデータをAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)で連携。国土交通行政のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進することで、施策の高度化やオープンイノベーションの創出を目指している。
インフラ施設情報は▽諸元(施設名称、所在地、完成時期など)▽維持管理情報(点検結果など)、地盤データは▽諸元(調査名、位置情報など)▽柱状図(ボーリングデータ)▽土質試験結果一覧表-を収録している。ICT(情報通信技術)施工の工事成果品に含まれる3Dデータ(点群データ)約250件も表示・検索できるようにした。
静岡県の社会インフラ約2万7400施設の諸元・点検データも表示・検索・ダウンロードが可能。このほか県の点群データ6件、人の流れデータ2件、企業取引データ3件、ゼンリン建物データも表示・検索できる。
国交省は20年度、直轄工事・業務の電子成果品に加え‥紙面へ