国交省 20年度予算配分/事業費1・0%減8・9兆円、強靱化対策分9626億円

国交省発注見通し 橋梁関連抜粋集計

 国土交通省は3月31日、2020年度予算を地方整備局や地方自治体などに配分した。一般公共事業と官庁営繕を合わせた配分対象総額は8兆8609億23百万円(前年度比1・0%減)。このうち最終年度となる「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」(18~20年度)分は9625億70百万円。緊急災害対応に備える保留額分(359億34百万円)を除き、8兆8249億89百万円を配分した。
保留額分を除いた配分額の内訳は直轄事業が2兆8814億43百万円(うち緊急対策分3702億21百万円)、自治体や独立行政法人などへの補助事業が5兆9435億46百万円(5923億49百万円)。補助事業のうち、社会資本整備総合交付金が1兆5057億69百万円(632億34百万円)、防災・安全交付金が1兆9739億75百万円(4830億45百万円)。
直轄事業の執行平準化に配慮する、当該年度に契約し、予算支出を翌年度とする国庫債務負担行為(ゼロ国債)は1242億11百万円。
20年度直轄事業の配分は次の通り。▽配分先機関=①配分額②緊急対策分③ゼロ国債、いずれも本省配分と一括配分(整備局などの配分)の合計。
▽北海道開発局=①3200億8百万円②356億57百万円③287億81百万円
▽東北地方整備局=①2494億71百万円②311億24百万円③139億93百万円
▽関東地方整備局=①4925億36百万円②552億35百万円③150億34百万円
▽北陸地方整備局=①1788億44百万円②351億74百万円③119億79百万円
▽中部地方整備局=①3531億66百万円②492億68百万円③85億18百万円
▽近畿地方整備局=①3219億99百万円②436億7百万円③117億86百万円
▽中国地方整備局=①2191億99百万円②358億69百万円③76億36百万円
▽四国地方整備局=①1717億19百万円②399億70百万円③76億92百万円
▽九州地方整備局=①3022億99百万円②390億55百万円③148億98百万円
▽沖縄総合事務局=①614億33百万円②26億円③38億94百万円

■道路整備1兆8836億円 強靱化対策分1261億97百万円/直轄は東北地整が最大3062億円

 一般公共事業費への配分額は8兆7949億97百万円(9616億29百万円)。主な事業別の内訳はとして、▽道路整備1兆8836億円(1261億97百万円)▽都市・幹線鉄道862億51百万円(53億66百万円)▽道路環境整備4717億32百万円(186億17百万円)▽港湾2671億19百万円(441億70百万円)▽新幹線4430億円(ゼロ)、ほかに▽治水9874億99百万円(2096億99百万円)▽空港2003億79百万円(ゼロ)▽住宅対策5008億58百万円(13億98百万円)▽市街地整備3248億65百万円(3億円)▽都市水環境整備238億33百万円(16億32百万円)▽下水道515億42百万円(ゼロ)▽国営公園等315億1百万円(同)。
直轄の道路関係費は最大が東北地整3062億円、次いで関東地整2886億97百万円、北海道開発局2008億38百万円、近畿地整1900億62百万円、九州地整1652億63百万円、中部地整1257億77百万円、中国地整1194億21百万円、四国地整1093億12百万円、北陸地整928億80百万円、沖縄総合事務局399億54百万円。
補助事業の道路関係費は北海道開発局397億61百万円、東北地整774億円、関東地整1兆4296億99百万円、北陸地整344億28百万円、中部地整808億24百万円、近畿地整1405億55百億円、中国地整576億83百万円、四国地整470億88百万円、九州地整1110億42百万円、沖縄総合事務局63億21百万円。

■直轄橋梁事業 発注見通し1355件/設計が最大455件、最小は上部工143件
国交省の2020年度の発注見通しのうち、橋梁関係事業を集計すると総計が1355件だった。
地域別では北海道開発局が最多で263件、次いで中部地整199件、九州地整が194件で、150件以上はこの3事務所。
種別の内訳は最大が設計で455件、次いで補修402件、下部工355件、上部工143件。設計のなかでは補修設計が最大で215件、次いで新設193件、点検47件。
新設設計、補修設計とも北海道開発局が最多、一方点検は九州地整が最多に。
上部工のなかでは工種不明の30件を除き、鋼橋が60件、PCが52件、撤去が1件。
鋼橋は中部地整と九州地整がそれぞれ12件で最多、次いで中国地整が9件。PCも九州地整が最多の13件、次いで中部地整と中国地整、四国地整がいずれも8件。
下部工は中部地整が最大で94件、次いで九州地整58件、関東地整47件、近畿地整46件で、30件以上はこの4事務所。
補修は北海道開発局が最大で80件、次いで中部地整56件、関東地整49件となっている。

■■地域別
北海道開発局 20年度事業概要/238号幌別橋(0・8km)の架け替えなど

 北海道開発局は3月31日、2020年度同局予算概要を発表した。同局実施の直轄事業予算は、19年度比1・1%減の4129億56百万円。事業別では道路は2・9%減の2008億38百万円を配分。道路や水産基盤整備などが減る一方、治水、港湾、農業農村整備などは増加した。
道路関係の新規では、橋梁上部工の損傷、橋梁下部工の変状が進む238号幌別橋(0・8km)の架け替えに着手するほか、小平町大椴~花岡の3・7kmでのり面崩落、越波などによる危険箇所解消を目指す国道232号小平防災(小平町)、北海道横断自動車道女満別空港~網走で計画段階評価に着手する。
19年度に計画段階評価に着手した日高自動車道静内~三石と旭川・紋別自動車道遠軽~上湧別の検討を継続し、北海道横断道女満別空港~網走で概略ルートや構造の検討など事業化に向けた調査・検討に着手。18年度に計画段階評価に入った一般国道5号創成川通は都市計画・環境アセスメントを進めるための調査を実施する。
補助は道路関係は397億61百万円(474・7%増)。


東北地整 20年度事業概要/震災以降最大の1兆円超 道路事業が突出

 東北地方整備局は2020年度予算の配分額を公表した。一般会計分と東日本大震災復興特別会計分を合わせた事業費ベースの総額は前年度比1・1%増の1兆0114億9百万円。震災後の11年度以降では最高額となる。一般会計分の直轄事業には2504億1百万円を計上。このうち施工時期の平準化措置としての国庫債務負担行為(ゼロ国債)は139億93百万円。
一般会計分の直轄事業費を主な事業区分別に見ると、道路が最大で1422億61百万円(このうちゼロ国債114億67百万円)。続いて治水960億65百万円、港湾67億25百万円、海岸10億85百万円。
復興特会分の直轄事業費を主な事業区分別に見ると、道路が突出して高い1639億41百万円。次いで港湾79億47百万円、国営公園等14億29百万円、治水12億57百万円。
主な直轄の道路関係新規事業は、国道112号山形中山道路(山形市西崎~山形県中山町達磨寺、7・4km、橋梁5橋)に調査・設計費で50百万円を計上。国道106号田鎖蟇目道路(岩手県宮古市田鎖~蟇目、延長7・2km、橋梁1橋)で調査・設計費に50百万円を計上。


関東地整 20年度事業概要/直轄5369億円 東京外かく環状道路で橋梁下部など実施

 関東地方整備局は3月31日、2020年度の事業概要を公表した。総事業費は1兆9665億14百万円(前年度比6%減)で、直轄事業の実施分は5369億15百万円(10%減)。直轄分の内訳は道路が2886億97百円(6%減)。他に港湾698億10百万円(2%減)、治水1046億33百万円(21%減)。補助・交付金は1兆4295億99百万円(5%減)を計上。
事業中の東京外かく環状道路(関越~東名)に約200億円の予算をあて、橋梁下部やトンネルの工事を進めるとともに、調査設計と用地買収も実施する。自動運転などの機能導入を目指す国道15号品川駅西口基盤整備は約18・3億円を配分し調査設計などを進める。
新規事業として国道50号協和バイパス(茨城県筑西市横塚~桜川市長方、延長6・3km)に着手し、0・5億円の予算で調査設計を行う。国道4号東埼玉道路(埼玉県八潮市八條地先~松伏町田島、延長9・5km)の整備に着手す、0・5億円の予算で調査設計に入る。


北陸地整 20年度事業概要/総額4573億円 新潟中央環状線で3橋の上下部工

 北陸地方整備局は3月31日、2020年度予算の箇所別配分額を公表した。配分額は、4573億円(前年度比5・0%減)。内訳は直轄1807億円(3・0%増)、補助・社会資本総合整備交付金2746億円(10・0%減)、直轄の災害復旧費など20億円。
道路事業の主な新規事業は次の通り。▽件名(場所)=①事業費②事業内容。
【新潟県】
▼直轄
▽国道8号親不知道路(糸魚川市)=①50百万円②延長約6・7km。測量、地質調査、道路設計に着手。主要構造物は100mの橋梁1橋、トンネル4本。
▽国道116号吉田バイパス(燕市、新潟市)=①50百万円②測量に着手。延長約11・5km
▼補助
▽国道253号三和安塚道路=地域高規格道路上越魚沼地域振興快速道路の一部を形成する上越市三和区広田~安塚区松崎間9・4キロ。三和区広田~浦川原区山本間4・7キロの開削トンネル工事、橋梁工事を推進。山岳トンネルに着手。11億61百万円(19年度11億55百万円)
▽新潟中央環状線(中ノ口、黒埼、明田)=新潟市南区上塩俵~西区明田間の5・8kmを整備する事業。事業主体は新潟市。南区上塩俵~西区明田間の開通済み0・7kmを除く延長5・1km区間の道路改良工事、3橋の橋梁上部下部工事の推進に21億37百万円(26億3百万円)
▽市道日東道側道1号線、2号線(胎内スマートICアクセス道路)(胎内市)=①1億81百万円②用地買収、調査設計、改良工に着手
▽一般県道小猿屋黒井停車場線(福橋バイパス)(上越市)=①40百万円②調査設計に着手
【富山県】
▼直轄
▽国道8号の富山8号交通安全対策(桜町地区事故対策事業)(小矢部市)=①3百万円②付加車線の設置に向け調査設計に着手
▼補助
▽富山県長寿命化修繕計画(富山県内)=①78億52百万円②橋梁補修・更新、点検、計画策定
▽市道桜ケ池クアガーデン線(仮称・城端SAスマートICへのアクセス道路)(南砺市)=①10百万円②調査設計に着手
▽主要地方道の高岡環状線=高岡環状道路の一部で高岡市上伏間江~佐野間2・6km。市内の渋滞緩和を目的に同区間を立体化する。総事業費は約70億円。改良工事、橋梁工事などに8億60百万円(19年度8億60百万円)
▽主要地方道の高岡小杉線=高岡市下条~南太閤山間1・2km。事業主体は富山県。伏木富山港へのアクセス改善を目的に国道472号との交差部を立体化する事業。橋梁下部工、埋蔵文化財調査などに4億円(4億円)
【石川県】
▼直轄
▽国道8号の海側幹線(今町~鞍月)(金沢市)=①50百万円②測量、道路設計に着手。今町~鞍月は二つに分かれている。一つは未着工区間の金沢市今町~福久地区の約3・2km。もう一つは供用済みの平面道路の上に高架化道路を設ける金沢市鞍月から大河端西までの大河端~鞍月地区の約2・4km。二つに挟まれた福久~大河端間約3・2kmは既に事業化済み
▼補助
▽金沢田鶴浜線=金沢能登連絡道路の一部で羽咋市柳田町~志賀町上棚間9・6km。改良工事、1橋の橋梁下部工事、3橋の橋梁上部工事などに13億14百万円(19年度13億円)
▽市道大浦・千木町線=金沢外環状道路海側幹線の一部でIV期区間と呼ばれる金沢市大河端町~千木町間2・5kmの一部に当たる1・6km。2路線の道路改良工事や架橋工事を推進。2橋の橋梁上部工事に着手し、全5橋で橋梁上部工事を推進。2路線合計の配分額は28億36百万円(19年度16億40百万円)。
▽金沢外環状道路の海側幹線IV期区間の一部の石川県施行区間の0・7km(金沢市木町~福久町)。橋梁上部工、道路改良工事を推進。5億61百万円を配分(6億30百万円)


中部地整 20年度事業概要/直轄3532億円、東海環状自動車道に約303億円

 中部地方整備局は3月31日、2020年度の予算概要を発表した。直轄事業は約3532億円(前年度当初比5・5%増)、補助事業は約5313億円(3・3%減)。総額は前年度とほぼ同額の約8845億円。そのほか約85億円のゼロ国債を計上した。
直轄の事業別配分額は、道路が2057億68百万円(そのほかゼロ国29億50百万円)、ほかに港湾=310億85百万円(1億50百万円)など。各事業とも前年度を上回る予算を確保し、港湾は14・3%の大幅増となった。
道路関係の直轄事業では東海環状自動車道に約303億円を投入。関~養老間と北勢~四日市間は24年度、養老~北勢間は用地取得が順調に進めば26年度の全線開通を目指す。名古屋環状2号線(名古屋西~飛島)は20年度の開通を目指す。


近畿地整 20年度事業概要/直轄2・9%増3223億円、大阪湾岸道路西伸部には22億円

 近畿地方整備局は3月31日、2020年度予算の概要を発表した。直轄事業費3223億17百万円(前年度比2・9%増)、補助事業費8868億84百万円(1・6%増)を合わせた総額は1・9%増の1兆2092億1百万円。別途、国庫債務負担行為(ゼロ国債)117億86百万円を計上した。直轄事業費の内訳は道路整備1900億62百万円、ほかに港湾273億74百万円など。
道路関係では、兵庫県豊岡市の北近畿豊岡自動車道豊岡道路Ⅱ期(豊岡市新堂~戸牧間5・1km)、和歌山県新宮市と奈良県五條市を結ぶ五條新宮道路の一部を形成する十津川道路Ⅱ期(奈良県十津川村七色~平谷間5・6km、直轄権限代行)に事業着手する。各事業とも50百万円を計上し、調査などを進める。
大阪湾岸道路西伸部14・5km(六甲アイランド北~駒栄)には約22億円を投入し、調査や用地取得、工事を推進。淀川左岸線延伸部8・7km(大阪府門真市ひえ島町~大阪市北区豊崎)には約8億円をあて、一部工事に着手する。京奈和自動車道大和御所道路に約95億円、北近畿豊岡自動車道日高豊岡南道路に約20億円、大野油坂道路(大野東~和泉間)に約147億円、野洲栗東バイパスに約46億円、一般国道24号寺田拡幅に約27億円、すさみ串本道路に約98億円を計上。用地取得や工事などを推進する。


中国地整 20年度事業概要/直轄1・2%減2200億円 関北九州道路の概略ルート・構造検討

 中国地方整備局は3月31日、2020年度予算概要を公表した。事業費は直轄2200億5百万円(前年度比1・2%減)、補助3615億42百万円(1・5%増)、総額5815億91百万円(0・5%増)。このほか、国庫債務負担行為(ゼロ国)として76億36百万円。直轄事業を事業別に見ると、道路整備は1194億21百万円、ほかに道路環境整備268億43百万円、港湾整備164億15百万円。
道路関係予算は2044億円。新規事業化する益田道路は島根県益田市の戸田町~飯田町間約9・1km。岡山西バイパスは岡山市北区西長瀬から北区楢津の延長3・5km区間。柳井・平生バイパスは山口県柳井市南町5~山口県平生町宇佐木間延長2・2km。今年度はそれぞれ50百万円を予算化し調査設計に着手する。
山陰道の小浜~田万川、三隅~長門、下関北九州道路の概略ルート・構造の検討を進める。


四国地整 20年度事業概要/直轄2・8%増1731億円、道路事業は1093億12百万円

 四国地方整備局は、2020年度の予算と事業概要を公表した。当初予算配分総額は前年度当初比1・8%増の4038億75百万円、うち直轄事業は同2・8%増の1731億13百万円。
道路事業は1093億12百万円。新規に一般国道493号野根安倉道路に着手。四国横断自動車道津田IC~徳島東ICや一般国道32号猪ノ鼻道路、一般国道55号高知南国道路、一般国道56号中村宿毛道路の開通を予定している。


九州地整 20年度事業概要/2年連続1兆円超え、下関北九州道は計画段階評価

 九州地方整備局は、2020年度同局関係予算の概要を公表した。ゼロ国債(国庫債務負担行為)を除く総事業費は前年度比1・0%減の1兆0183億72百万円。2年連続で1兆円を超えた。総事業費のうち直轄事業費は2・6%増の3232億97百万円(うち防災・減災、国土強靱化緊急対策分390億55百万円)、補助事業費などは2・5%減の6950億75百万円(903億30百万円)。ゼロ国債は18・9%増の148億98百万円を設定。直轄事業費の事業区分ごとの内訳は道路1652億63百万円(微減)、ほかに港湾344億64百万円(1・3%増)など。
道路関係では下関北九州道路(山口県、福岡県)はルートや構造を検討する計画段階評価の手続きに着手するほか、国道497号松浦佐々道路(長崎県)に80億円、国道3号芦北出水道路に97億円(熊本県、鹿児島県)、鹿児島東西道路に117億円(鹿児島県)などを配分。中九州横断道路の国道57号大津熊本道路・合志~熊本(熊本県)や国道220号牛根境防災(鹿児島県)にも新規着手する。


沖縄総合事務局開発建設部/ 0年度事業概要/総事業費5・3%減1037億円

 沖縄総合事務局開発建設部の2020年度所管予算を公表した。事業費ベースの予算額は前年度比5・3%減の1037億34百万円。このうち直轄事業は4・5%減の661億60百万円、補助事業は6・7%減の375億74百万円となった。
道路関係では那覇空港自動車道の国道506号小禄道路に122億円、名護東道路の国道58号名護東道路に79億20百万円、国道58号浦添拡幅に41億40百万円などを配分‥紙面へ

地整別主要橋梁事業
一般国道24号 寺田拡幅
一般国道8号 野洲栗東バイパス
茨城県内直轄 神宮橋架け替え
網走開発建設部 生田原道路
北海道開発局 一般国道238号 幌別橋架け替え
富山県内高岡環状線事業 二塚高架橋
中国地整 睦美橋の架け替え
中国地整 前原橋
中国地整 北条道路
中国地整 山陰道 三隅・益田道路
中国地整 岩美道路
中国地整 岩国臨港道路
中国地整 国道2号 玉島・笠岡道路(Ⅱ期)、笠岡バイパス
中国地整 一般国道2号 木原道路
中国地整 一般国道180号 岡山環状南道路
仙台河川国道 湯渡橋架け替え
中国地整 一般国道2号 安芸バイパス、東広島バイパス
足羽川だダム付け替え道路
大戸川ダム付け替え道路整備
仙台河川国道 国道45号 気仙沼道路
仙台河川国道 郷六橋架替
石川県内和島道路洲衛高架橋
新潟県内小須戸橋架け替え
小樽開発建設部 登川大橋
秋田県内6事務所 白沢跨線橋架け替え
四国地整 長浜大橋補修
秋田県内6事務所 横堀道路
四国地整 第一竜王橋塗替え
四国地整 寺内橋
四国地整 松山外環状道路空港線
四国地整 ほとんどの鋼材に腐食が見られる小鳴門橋
四国地整 今治道路
札幌開発建設部 新石狩大橋新設
阪神なんば線淀川橋梁の架け替え
釧路開発建設部 空港進入灯橋梁改良