中国地整 WTOで2件公告/東広島BP海田高架橋4号橋鋼上部工など

 中国地方整備局は18日、「東広島バイパス海田高架橋4号橋鋼上部工事」と「東広島バイパス海田高架橋6号橋鋼上部工事」の一般競争入札(WTO対象)を公告。2件は一括審査方式の対象で、23日から4月20日まで参加申請を、7月9日まで入札書を受け付ける。開札は同16日。
参加資格は鋼橋上部工事で認定されている者で、最大支間長が25m以上の鋼橋を施工した実績を有することなど。両工事はBIM/CIM活用工事(受注者希望型)、生産性向上チャレンジなどを試行。これに加え中国地整初の取り組みとして工事工程表と施工条件明示の確認リストを開示する試行もする。
海田高架橋4号橋の工事概要=工事延長175m。鋼3径間連続箱桁橋、橋長174・5m、最大支間長74・5m。鋼上部工・工場製作工1101t、工場製品輸送鋼1101t、鋼橋架設工、橋梁現場塗装工、鋼橋足場等設置工など一式。使用する主な資機材は鋼材(棒鋼除く)1100t。工事場所は広島県海田町幸町~曙町地内。工期は2022年1月31日。
海田高架橋6号橋の工事概要=工事延長147m。鋼3径間連続鈑桁橋、橋長146・6m、最大支間長58・4m。鋼上部工・工場製作工969t‥紙面へ