多賀城市長寿命化修繕計画 2019~23年度/5年間で7橋修繕 4億4500万円

多賀城市修繕対策橋梁リスト

 多賀城市は2019年3月にまとめた長寿命化修繕計画によると、市の管理橋梁は51橋あり、建設後50年を経過した橋梁は今の所5橋で10%にとどまるが、10年後には7橋14%、20年後には25橋49%に達する。
定期点検は50橋で済んでおり、判定はⅠ区分が11橋、Ⅱが37橋、Ⅲが2橋で、Ⅳはなかった。ほかに歩道橋が1橋あり、判定はⅡ。
このうち19年から23年度の5年間で修繕するのは7橋で、19年度は点検が4橋、修繕1橋、20年度は修繕が3橋、21年度は点検と修繕共に各1橋、22年度は点検2橋と修繕1橋、23年度が修繕2橋。
修繕費の合計は4億4500万円で、最大は橋長108mの田子大橋(側道橋含む)1億5600万円。7橋の修繕内容は‥紙面に続く