東高架橋橋梁設計検討 オリコンに/NEXCO東日本 随意契約に移行

 NEXCO東日本関東支社は「首都圏中央連絡自動車道東高架橋橋梁設計検討業務」の委託先を1億2270万円でオリエンタルコンサルタンツに決めた。契約制限価格は1億2272万円。公募型プロポーザル(WTO対象)で公告したが委託先が決まらず、随意契約に移行したもの。業務対象地は茨城県稲敷市清水~千葉県神崎町松崎。
首都圏中央連絡自動車道の久喜白岡JCT~大栄JCT間の4車線化(延長92km)事業の一環で、稲敷東IC~神崎IC間に位置する東高架橋(外回り)の2期線の上・下部工について設計をするもの。概算数量は、上部工3連(鋼4径間連続2主鈑桁の橋長203m、鋼10径間連続2主鈑桁の橋長403m、400m)の基本設計、下部工24基の詳細設計、基礎工24基と仮設構造物24カ所の設計、仮桟橋1断面の詳細設計‥紙面に続く