国交省 新技術導入促進/共通仕様書や技術基準整備へ

 国土交通省は、道路分野での新技術の導入促進に向けた方針を18日に東京・霞が関の国交省内で開いた有識者会議「道路技術懇談会」(座長・久田真東北大学大学院工学研究科教授)で示した。安全、高品質、低コストな道路サービスの提供、道路事業関係者のプロセス改善、産業の活性化を目的に、良い技術は活用するという方針のもと、これまで新技術の活用が十分でなかった異業種、他分野、新材料等も含め、新技術開発・導入を促進する。国交省とともに技術の検証などに取り組む第三者機を公募で選定し、2020年度から実際に新技術の性能確認などに取り組む。
第三者機関は、橋梁やトンネルなど専門分野ごとに知見を持つ一般財団法人などを想定。分野ごとに技術の性能確認や従来技術との比較などを行う「技術検討委員会」を設立。同委員会には国交省と土木研究所も参画する。新技術の活用に必要な技術基準類の検討や技術の実証を進め、検証結果を国交省が吸い上げ、共通仕様書や技術基準の整備などに‥紙面に続く