関東地整 民間技術募集開始/事務所ごとに133の技術ニーズ

関東地整 技術ニーズ

 関東地方整備局は、最新技術の導入に向けた現場ニーズと技術シーズのマッチングをするため、地整管内の事務所から出された133件の現場ニーズに対する、技術シーズの募集を5日から始めた。12月25日まで応募を受け付け、2020年1月下旬にマッチングイベントを開く。現場試行を経て発注工事で活用を目指す。
管内発注機関からは▽点検調査▽現場管理▽発注者支援▽維持管理▽災害▽その他の6分野で、総計133件の現場ニーズが挙げられている。うち、橋梁の建設や維持管理、業務の効率化など、橋梁関連業務に関するものは約31技術。
応募可能な技術の資格要件としては、自らが開発し、技術に基づいた業務を実施できる能力がある個人か民間企業。応募する技術は新技術情報提供システム・NETISに登録済みか、申請が見込めることも条件になる。
昨年度にマッチングした新技術は16件。そのうち、2件で現場試行が完了済みで、NETISへの登録に十分な技術と認定。このうち1件は標準化推進技術に認定し、積算に反映できるよう検討する。
応募方法の詳細は関東整備局のホームページ‥紙面に続く

関東技術ニーズ15
関東技術ニーズ16
関東技術ニーズ17
関東技術ニーズ31
関東技術ニーズ79
関東技術ニーズ81
関東技術ニーズ82
関東技術ニーズ103
関東技術ニーズ104
関東技術ニーズ129