国交省 コンクリ舗装効率化技術に3件選定/技術比較表NETISで公表予定

 国交省はNETISのテーマ設定型(技術公募)で「コンクリート舗装工事の効率化に貢献する技術」を公募し、3件を選定した。新設工法が1件、補修・修繕工法が2件。応募時に提出された性能結果表を基に技術比較表を作成し、中部地方整備局新技術活用評価委員会の承認を受け、NETIS維持管理支援サイトで技術比較表を公表する予定だ。技術検証などは第三者機関の土木研究センターが担当する。
選定技術と応募者は次の通り。
【新設工法】縦取り機を使用したコンクリート舗装=佐藤渡辺
【補修・修繕工法】早期交通開放型コンクリート舗装(1DAY PAVE)=セメント協会▽セラホワイトを使用‥続きは紙面に