1・6km高架構造 東武・大山駅付近連立事業など/都 11月20日の都計審で9件付議

 11月20日開催予定の東京都都市計画審議会に付議される案件が決まり、東武鉄道東上本線大山駅付近の連続立体交差事業の都市計画など、計9件の都市計画案が付議される予定だ。
都と東武鉄道が推進する大山駅付近の連立事業は、線路と駅舎を高架化する延長約1・6kmを含むもので、この高架化で地上8カ所の踏切を除去する。事業予定期間は2021~30年度を見込む。都市計画決定続きと同時で進んでいる都の環境影響評価手続きは、11月‥紙面に続く