工期設定支援システムの改良版公開/国交省 工程表づくりAIで負担軽減

 国交省は29日、直轄土木工事(港湾・空港関係除く)の標準的な作業日数や手順を自動算出する「工期設定支援システム」の改良版「工期設定支援システムバージョン2・0」をホームページで公開した。システムのデータ仕様も公開し、地方自治体の利用を促す。
システムに蓄積された過去の工程表からAIで類似工事を検索・抽出し、工程表作りを支援する新機能「工程アシストAI機能」を導入、過去の工程表からAIで類似工事を検索・抽出し、工事全体の標準的な工程に沿って工種を自動的に並べ替える機能において、並び替えの正確性を一段と高め、工程表完成までに生じる調整の手間を少なくした。
加えて、工程表の作成支援機能に‥紙面に続く