兵庫県、道路公社 播但道大規模修繕で有識者会議設置/年内に提言まとめ

 兵庫県と兵庫県道路公社は17日、播但連絡道路(播但道、姫路JCT~和田山IC)の大規模修繕や橋梁耐震化の在り方について議論する「播但連絡道路の大規模修繕等に関する有識者会議」の初会合を開いた。
播但道は1970年に着工、2000年に全線65・1kmが開通。県内を南北に縦断し、中国自動車道や山陽自動車道、北近畿豊岡自動車道と接続する。構造物は橋梁が210橋とトンネルが15本。
自動車専用道路であることで、一般道路に比べ高い水準の管理が求められ、橋梁耐震性能の確保や改正された道路法に基づく大規模修繕が喫緊の課題となっていることを背景に、長期的な視点での大規模修繕などのあり方について、学識者、道路利用者、道路管理者から幅広‥紙面に続く