NEXCO西日本 フジエンジを子会社化/調査・点検の取組効率化

 NEXCO西日本は、老朽化した高速道路の調査・点検の取り組みを一層効率化するため、調査・解析、モニタリング、画像技術の開発などを行っているフジエンジニアリングを17日付で完全子会社化した。管理延長が約3500㎞に達し、そのうち4割が開通から30年以上経過して老朽化が進行、調査・点検の業務が増加していることが背景にある。
フジエンジニアリングはこれまで、鋼橋の疲労調査・応力計測、非破壊検査、構造物の安全性モニタリングなど事業を展開してきた。今後はこれに、NEXCO西日本グループ全体で蓄積した技術・知識および経験などが加わることで‥紙面に続く