国交省 BIM・CIM推進/WGの19年度検討項目設定/3Dデータ活用へ議論

 国交省は2019年度、建設生産・管理システムの3Dデータ活用などによる生産性向上の議論を深化する。産学官による「BIM/CIM推進委員会」の下に、18年度に編成した▽基準要領等検討▽実施体制検討▽国際標準対応▽活用促進の4WGを継続し、検討項目を設定するほか、各WGの相互連携も図る方針だ。
20年2月に開催予定のBIM/CIM推進委に各WGの検討成果などを報告するほか、21年度や中長期(25年度まで)の目標達成に向け議論を深化、加速する考えだ。
4WGが19年度に予定する主な検討事項は次の通り。・・紙面に続く