交省 4月主要建材需給 /全資材が需給「均衡」・在庫「普通」・価格「横ばい」に

 国交省が4月1~5日に実施した主要建設資材需給・価格動向調査では、生コンや鋼材、木材など対象7資材13品目すべてで需給が「均衡」し、在庫状況は「普通」、価格もすべてで「横ばい」だった。
東日本大震災の被災3県(岩手、宮城、福島)ではアスファルト合材(新材・再生材)が「やや緩和」で、残りの資材が「均衡」。在庫状況はすべての資材が「普通」。ただ、価格は石油が「やや上昇」・・紙面に続く