静岡県 建設産業ビジョン2019 / 27年度末で完全週休2日に

静岡県は、建設産業ビジョン2019を策定した。柱は▽働き方改革の推進▽
担い手の確保・育成▽建設現場における生産性の向上▽経営の安定化と地域力の
強化▽美しい景観の創造力向上の五つ。
11年度に策定した現行のビジョンを大幅に改訂、新4K(給料、休暇、希望、
きれい)を実現するため、企業と行政が短期的、中期的に取り組む具体的な施策
を示し、目標値も設定した。
特に働き方改革として、年間実労働時間を17年度現状値の2200時間(4
週5休程度)に対し、22年度末で2100時間(4週6休程度)、27年度末
で1900時間(完全週休2日)と設定。工事着手日選択型工事‥紙面に続く