政府 就職氷河期世代の人材に着目/  安定就労 19年夏に3カ年計画策定

政府は、10日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、新卒で正社員
になれなかった人が多い30代半ば~40代半ばの「就職氷河期世代」を対象に
、安定的な就労を支援する方針を決めた。今後3年で正社員として就職できるよ
う集中的に支援する仕組みをつくり、今夏までに実行計画を策定する。全国のハ
ローワークに支援部署を設置し専門家を配置したり、雇用主への支援策を検討し
たりする。
政府によると、‥紙面に続く