札幌市建設局 19年度予算案/骨格編成 長寿命化推進

札幌市建設局は5日、19年度予算案の概要を発表した。4月に市長選挙を控え、骨格予算編成ながら、一般会計は前年度比6・2%、44億60百万円増の763億72百万円を計上。
舗装等整備費は4・0%減の37億33百万円で、幹線オーバーレイ13・8キロ、補助幹線オーバーレイ13・8キロ、生活道路補修3・3キロなどのほか、橋梁の長寿命化に向けた補修工法を検討する。道路橋梁整備費は4・9%減の46億85百万円を充て、木挽大橋など6橋の耐震‥紙面に続く