自治体の19年度歳出見込み 総務省試算/投資的経費12・1%増13兆円に/維持補修額は3・2%増の1兆3500億円

総務省は1月25日、地方自治体の19年度歳出見込み額について、最新の試算結果を公表した。公共事業関係費に当たる投資的経費の総額は前年度比12・1%増の13兆0200億円と試算。このうち自治体単独事業費は5・2%増の6兆1100億円を見込んでいる。国直轄事業の地方負担金と国庫補助事業を合算した歳出額は18・9%増の6兆9100億円となる。
歳出見‥紙面に続く