1人当たり付加価値が過去最高に 東保証 17年度「建設業の財務統計指標」

東日本建設業保証は10月31日、企業の経営実態を分析した「建設業の財務統計指標(17年度決算分析)」を発表、収益の総合指標にしている総資本経常利益率は現在と同じ分析方法を導入した06年度以降最高となる5.02%(前年度4.72%)に上昇。労働生産性を表す従業員の「1人当たり付加価値」も過去最高の1084万円(1054万円)に達し・・11月12日紙面に続く