函館市 橋長15m未満が65%/10年で65橋を修繕予定

 函館市は平成26年3月に長寿命化修繕計画を策定。計画は2014~2023年度の10年間を対象とし、期間内に修繕をする対象は65橋を予定。計画の助言は北海学園大学の杉本博之教授。管理する251橋のうち、建設後50年超の橋梁は2013年で12%(31橋)、2023年で38%(96橋)・・・10月8日付紙面に続く