技術者DB統合へ 実績・成績や資格など情報結ぶ

国交省は工事・業務の実績や保有資格といった技術者に関する各種データベース(DB)の統合目指して18年度、検討に着手する。4月に公表した有識者会議の提言「今後の発注者のあり方に関する中間とりまとめ」を受けたもの。統合は、これまで各情報システム内で利用されてきた技術者の各種DBを、各技術者に付与する共通IDを介して結ぶような運用を想定している。技術者の多様な実績・成績や保有資格、継続能力開発(CPD)単位などを総合的に評価・・・続きは8月27日付紙面に