2021年度第2四半期(7~9月)
特定更新など契約 NEXCO中日本最多

2 0 2 1 年度第2 四半期(7 ~9 月) の契約状況から、 特定更新関連などの大規模床版取替えや桁関連の案件を抜粋

 2021年度第2四半期(7~9月)の契約状況から、特定更新関連などの大規模床版取替えや桁関連の案件を抜粋すると、高速道路の特定更新関連は20件、自治体は12件。
 高速道路の特定更新は設計が9件、補修が11件。発注機関別ではNEXCO中日本が最多で13件、次いで阪神高速が3件、NEXCO東日本が2件。金額が最大なのは「中央自動車道(特定更新等)茂都計川橋他3橋床版取替
」で253億円超、ついで「東名阪自動車道(特定更新等)佐屋高架橋(下り線)床版取替」の250億円超、「中央自動車道(特定更新等)日之城橋他1橋床版取替」の39億円でいずれもNEXCO中日本。
 自治体では金額の最大は三重県津市の‥紙面へ