連携データを拡充
国交省 データプラットフォーム
橋梁などデータを紐づけ

 国土交通省が推進している橋梁などのインフラの情報や、3D都市モデル(PLATEAU)、国土地盤情報(全国のボーリング結果などの地盤データ)などを連携させるデータプラットフォーム(https://www.mlit-data.jp/platform)の連携データが拡充された。データプラットフォームは、業務の高度化・効率化を図ったり、イノベーションを創出したりする目的を持ち、誰でもアクセス、使用できる。
 3D都市モデルについてはこれまでの28都市から全56都市に、国土地盤情報については‥紙面へ