大阪湾岸西伸部長大斜張橋疲労設計手法検討業務 長大に
鋼床版の疲労対策検討業務は技術提案者なしで不成立

 阪神高速道路建設事業本部は、「大阪湾岸道路西伸部における長大斜張橋の疲労設計手法検討業務」の委託先を4300万円(税別)で長大に決定した。簡易公募型プロポーザル方式で選定。契約制限価格は4311万円(同)。 支間長200mを超える長大橋を対象とした荷重シミュレーションによって、長大斜張橋に適した疲労照査法の提案とその妥当性を検討する業務。履行期間は2022年11月30日まで。
 また、同日公告の「大阪湾岸道路西伸部における鋼床版の疲労対策検討業務」は、‥紙面へ