土木学会デザイン賞2021 橋梁関連3作品受賞

天龍峡大橋

 土木学会は12月3日に「土木学会デザイン賞2021」の受賞作品を発表した。応募20作品を審査し、最優秀賞に「高田松原津波復興祈念公園国営追悼・祈念施設」(岩手県陸前高田市)と、「長門湯本温泉街~長門湯本温泉観光まちづくりプロジェクト」(山口県長門市)の2作品を選定。優秀賞5作品、奨励賞4作品も選んだ。授賞式は22年1月22日に東京都新宿区の土木学会講堂で行う。橋梁関連は3作品で。
 デザイン賞は、優れた公共的な空間や構造物の設計作品の表彰を通じて、土木デザインや設計者・デザイナーの重要性を社会に広める目的で2001年度に創設、毎年選定している。
橋梁関連は‥紙面へ

藤沢駅北口ペデストリアンデッキ
藤沢駅北口ペデストリアンデッキ
さくらみらい橋
さくらみらい橋