カテゴリー: 橋梁発注見通し・予算

高松港湾空港 高松港・坂出港長期構想検討委員会資料から

高松港湾空港 高松港の施設の在り方検討
臨港道路 780m橋梁構造つくる案も
沿岸技術研究センターに委託

 国土交通省高松港湾・空港整備事務所は、将来の高松港の施設整備の在り方の検討を目的とした「高松港港湾施設技術検討業務」を沿岸技術研究センターに委託した。臨港道路の概略のほか、防波堤などの老朽化対策や配置計画などを検討する…

橋梁・土工主体の②案 説明資料から

社整審道路分科会四国地方小委
高知松山自動車道いの~越知で3ルート案示
橋梁・土工主体案は 800億~900億円

 国土交通省四国地方整備局は12月9日に社会資本整備審議会道路分科会四国地方小委員会(委員長・渡邊法美高知工科大学教授)を開き、「高知松山自動車道 いの~越知」の3つのルート帯案を示して議論した。 高知松山自動車道は、‥…

伊豆縦貫道・月ケ瀬IC~河津IC

伊豆縦貫道・月ケ瀬IC~河津IC環境アセス準備書と都計案公表
静岡県 橋梁・高架 約4・6km(22%)

 静岡県は、国道414号伊豆縦貫自動車道の月ケ瀬IC~河津IC間約21・6kmの環境影響評価(環境アセス)準備書と都市計画案をまとめ12月に公表した。橋梁・高架部は約4・6km(22%)になる。2022年1月25日まで意…

長野県 設計・工事連携型発注方式

長野県 設計・工事連携型発注方式
橋梁補修工事などでモデル個所選定中

 長野県は「設計・工事連携型」発注方式の試行を検討する。この発注方式には、設計業務に工事施工者の視点を取り入れることで、施工性を考慮した設計や施工時の手戻り防止を図るねらいがある。国交省北陸地整が実施している「設計・工事…

札幌市 長寿命化修繕計画

札幌市橋梁長寿命化修繕計画改定

◆24年度までに153橋を修繕事業費に100億8000万円を試算  札幌市は12月、札幌市橋梁長寿命化修繕計画を改定した。市は2019年度時点で1291橋を管理。建設後50年を経過した高齢といわれる橋梁は、2019年度は…

東武東上線大山駅付近連立事業

東武東上線大山駅付近連立事業
都が事業認可取得 1・6km連続立体化

 東京都が東武鉄道東上本線の大山駅付近で計画している連続立体交差事業が、12月20日付で国土交通省の事業認可を取得した。板橋区内の大山駅を中心とする延長1・6kmの区間を高架化し、8カ所の踏切を除却する事業。高架構造物に…

近畿地方整備局の事業評価監視委員会のう ち橋梁残事業関連を抜粋集計20211127

近畿地整事業評価委 9件の継続妥当
紀勢線4路線など 橋梁残事業費は1458億円超

 国土交通省近畿地方整備局の事業評価監視委員会(委員長・喜多秀行神戸大名誉教授)が12月14日に開かれ、国道42号すさみ串本道路など近畿自動車道紀勢線の4路線や国道2号神戸西バイパス(神戸市垂水区~兵庫県明石市)など再評…

東北一般国道7号 遊佐象潟道路

東北地整事業評価監視委 継続妥当と判断
勿来バイパスなど9事業を審議
橋梁残事業費は96億円超

 東北地方整備局は12月13日、2021年度第3回事業評価監視委員会(委員長・徳永幸之宮城大学教授)を開き、重点審議の勿来バイパスなど9事業を再評価。いずれも事業継続は妥当と判断した。 橋梁残事業費は96億3700万円。…

国道289号八十里越

北陸地整事業評価委 継続「妥当」と判断
289号八十里越など2件重点審議
橋梁残事業費は12億円超

 国土交通省北陸地方整備局は2021年度4回目の事業評価監視委員会を12月15日に開き、「国道289号八十里越」と「阿賀野川総合水系環境整備事業」の2事業の再評価をして、継続は妥当とした。 国道289号八十里越は、‥紙面…

連続立体交差事業JR山陽本線(東加古川駅付近)

兵庫県・公共事業等審査会 新規5、継続1件妥当
連続立体交差事業 2・5km、3・7km

 兵庫県の公共事業等審査会(会長・飯塚敦神戸大学教授)は12月14日、「連続立体交差事業山陽電鉄本線(高砂駅~荒井駅付近)」や「連続立体交差事業JR山陽本線(東加古川駅付近)」など新規事業5件について、いずれも「新規着手…