中部地整 インフラDXラボ開所
コロナ禍に対応した仕事改革促進
新丸山ダムと遠隔臨場など体験

中部地整DX
中部地整DX

 国土交通省中部地方整備局が同局3階に「中部インフラDX(デジタルトランスフォーメーション)ソーシャルラボ」が完成し、3月25日に開所した。
 全国に先駆けて中部に初開設したもので、「コロナ禍に対応した新しい仕事の進め方・デジタル化による建設業の仕事改革」を促進する狙いがある。
 ラボは、誰でもBIM/CIMのVR(仮想現実)体験ができるショールームエリアと、大型ディスプレーなどテレビ会議システムを備えた会議室エリアで構成。
 中部地整は、‥紙面へ