福岡国道らが対話調査
春吉橋にぎわい空間活用で
現況はA1下部工が進捗

春吉橋令和2年12月25日現在旧教撤去が完了
春吉橋令和2年12月25日現在旧教撤去が完了

 「博多と福岡を結ぶ国体道路の空間利活用検討会」(事務局=九州地方整備局福岡国道事務所、福岡市)は、福岡市の博多区と中央区をつなぐ国道202号(国体道路)春吉橋の架け替え事業に伴い架設した迂回路橋を事業完了後も残してにぎわいにつながる空間とする「春吉橋にぎわい空間」の活用方策について幅広い意見や提案を求めるサウンディング(対話)型市場調査を実施中だ。23日まで意見や提案を受け付け、必要に応じて29~31日に個別対話を行い、4月以降に検討会で実施結果を公表する予定。
 事業対象地は上流側に架設した迂回路橋と橋詰部分の延長約90m、幅約20m。賑わい空間に隣接する公共空間(国体道路、清流公園)を含めた提案も可能。
 調査対象者は‥紙面へ

春吉橋の架替工事
春吉橋の架替工事