第一カッター興業 追従式プーリーユニットを開発  床版撤去想定したモックアップ試験実施

追従式プーリーユニット
追従式プーリーユニット

 第一カッター興業はワイヤーソーイング作業における切削作業の安全性と施工性を改善する「追従式プーリーユニット」を開発した。特許出願中で、順次全社で導入していく。
主な特徴は3つで▽交換作業を削減し作業を自動化することで施工性が30%向上すること、▽乾式切断時の粉塵が出にくいため安全性と環境性が向上すること(粉塵の回収率が従来の4倍)、▽最適な切断角度で切除し続けるため切断精度が向上すること(±5mm以内で切断可能)。
床版撤去を想定したモックアップ試験での切断精度の違いを比べた結果、追従式プーリーユニットを使用すると±5mmの精度で切断が可能となり、手動でプーリーを移動させる方法では途中で止める作業が伴うため途中に波状の切断面ができ、いずれのプーリーも使用しない場合は鉄筋の干渉を受け大きくずれが生じるという結果を得た。
従来のワイヤーソーイング作業の場合、湿式切断ではワイヤー冷却水の給・排水手配、乾式切断では集塵作業の手配が必要で、これらは作業員の人手により、切断対象物の切断箇所付近で行われることが多く、作業員が切断中の切断対象物に接触する恐れがあることから安全性に課題があった。
また、既存技術の切断精度を向上させることを目的として、ガイドプーリーがレール上で電動駆動され、駆動部によるワイヤーソーの牽引に追従する方法では、電源、制御手段およびその配線などを設置するための段取りが増え、施工性が低下する実態があった。
そこで今回開発した追従式プーリーユニットでは、プーリーをユニット化しレール上で駆動部によるワイヤーソーの牽引力に自動的に追従させることで、無電源・無配線で自動作業ができる世界初の技術を実現した。
これにより、コンクリート構造物やその他の切断工事において最適なテンションで切除し続けることが可能になり、切断対象物の切断精度が向上したという。加えて、乾式切断時に独自の回収機構を併用することによって粉塵量が抑制されることで集塵作業の安全性を向上させ、環境にも優しくなった。
ほかにも、‥紙面へ