床版の新たなリニューアル方法開発  NEXCO中日本 実用化に向け試験工事を計画

NEXCO中日本 UHPFRCを打設している状況(実証実験)

 NEXCO中日本は、鹿島建設と共同で、工場で製作する床版の材料として使用されている超高性能繊維補強セメント系複合材料(UHPFRC)を、橋梁の床版の劣化部の補修の際に現場で打設できる材料に改良し、床版の耐荷力と耐久性を高める技術を開発したと12月23日に発表した。
この材料は、橋梁の床版の劣化部を現場で補修・補強する従来の鋼繊維補強コンクリート(SFRC)と比べて、鋼繊維の長さや配合を変えることにより耐荷力と耐久性が向上し、将来的なメンテナンスコストの削減などが期待できるという。
橋梁の床版をリニューアルする方法には、①床版全体を新たに取り換える方法と、②床版上面を全面的に打ち換える方法があり、NEXCO中日本では橋梁の形式や床版の劣化状況などにより工事方法を検討している。
このうち、床版上面を全面的に打ち換える方法が適する橋梁では、UHPFRCより強度の低いSFRCで補修する場合、耐荷力を高めるために床版を厚くする必要があり、その影響により床版の重量が増加するため、橋梁下部工の補強や橋梁部の路面が高くなることで生じる段差を擦り付ける工事が必要となる場合があったという。
今回の技術開発はこれらの課題を解決するために進めてきたもの。
UHPFRCは材料の緻密性が従来のSFRCに比べて高く、凍結防止剤などによる塩分や水分の浸入が長期的に抑制されることで、床版のメンテナンスコストが従来の3分の1程度に削減されることが期待できるという。
また、UHPFRCで補修することにより耐荷力が高まり、床版の厚さを変える必要がなくなるので、床版補修に伴い必要となる橋梁の下部工の補強や、路面の段差解消工事に要するコストの削減が期待できるという。
コンクリート床版と鋼床版のいずれの補修にも適用できる。
現在、特許出願中で、今後は橋梁の床版をリニューアルする新たな方法として、現場補修適用に向けた試験工事のための施工方法の検討や施工手順などのマニュアルの整備を進め、早期の実用化を‥紙面へ