国交省中部地整 ニーズ・シーズマッチング 1月29日まで募集 橋梁関連も

中部地整シーズニーズ

 国土交通省中部地方整備局は管内の現場ニーズを公表、マッチングする技術シーズを公募する。マッチング終了後、原則として、整備局と調整した現場で現場試行を実施する。
公募期間は12月17日~2020年1月29日。応募資料一式は中部地整のホームページからダウンロードできる。
今回示された現場ニーズは90件で、このうち橋梁にも関連する技術は、近年床版劣化の兆候として活用されている路面状況の確認技術や、一連の業務の効率化に寄与する技術などを含め14件。例えば、▽外気温に左右されないコンクリートや、▽鉄筋の背筋について、写真を撮るだけで精度などがわかる技術、▽橋脚基礎まわりの洗掘調査等をUAV撮影するなどで、簡易に確認する技術、▽写真撮影をするだけでコンクリート寸法や配筋間隔および配筋本数が瞬時に判明する技術、▽PC上で航行ルートを作成しドローンへ転送する事でドローンの自動運転が可能になる技術、▽電子黒板使用において、音声による文字入力と出来形図を工種を選び選択できるシステム・ハードウェア技術など。
応募技術の条件は、▽新技術情報提供システム(NETIS)に登録されたことがない技術であること▽マッチングの可否についての選定などの過程において、選定等に係わる者に対して、応募技術の内容を開示しても問題がないこと▽選定された応募技術について、技術内容及び試験結果等を公表するので、これに対して問題が生じないことなど、他にも所定の要件を求める。
問い合わせは‥紙面へ