橋梁の日常メンテナンスや補修 一元的に実施 東京国道 橋梁補修維持工事を試行

 国土交通省東京国道事務所は新たな取組として、橋梁の日常メンテナンスや補修を一元的に実施する「橋梁補修維持工事」の試行を、「R2品川・亀有出張所管内橋梁補修維持工事」「R2代々木・万世橋出張所管内橋梁補修維持工事」で、「公募型指名競争入札方式(総合評価落札方式)」で9月30日に公告した。参加表明確認申請書は10月15日まで、入札書・工事費内訳書は11月6日まで受け付ける。開札は11月11日。
橋梁補修維持工事は、橋梁補修に小規模なメンテナンス作業が含まれる工事で、小規模なメンテナンス作業は作業日報に基づき積算する。
公募型指名競争入札方式(総合評価落札方式)は、競争参加者が少数と見込まれ、技術難易度が比較的低い工事について対象工事ごとに技術資料収集に係る公示資料の交付を受けて、競争参加希望者が参加表明確認申請書及び技術資料(参加要件は企業のみとして技術者要件を求めない)を提出し、指名基準による選定を行い、指名された競争参加希望者により総合評価落札方式で落札者を決定するもの。なお、総合評価は、災害活動実績を加算点としている。
工事概要は応急処理1式、伸縮装置補修1式、集水桝清掃1式、横断歩道橋補修1式。
工期は契約‥紙面へ