41号船津割石防災3・1km/高山国道 9月26日に起工/橋梁は200m1橋 下部工着手へ

高山国道

 中部地方整備局高山国道事務所は9月26日、国道41号の船津割石防災工事の起工式を岐阜県飛騨市神岡町の船津パーキングで開く。
船津割石防災は、飛騨市神岡町船津~神岡町割石の延長3・1km区間の局部改良事業。2013年7月に落石事故が発生するなど、防災上危険な個所が多数存在するため、トンネルを中心とした新たなルートを確保する。14年度に事業着手、橋長200mの橋梁が1カ所あり、2020年度は下部工に着手する予定だ。
構造は橋梁1カ所(延長約200m)‥紙面へ